豊田市郷土資料館スクールサポート
 豊田市郷土資料館では、豊田市の文化財(考古資料・文書・遺跡など)を学校教育で活用できるよう、豊田市内の学校向けに授業サポートをしています。歴史の授業だけでなく、国語や美術、音楽、総合的な学習の時間などさまざまな場面でお役に立ちます!

1.出前授業サポート   詳細はこちら
 本物資料をもとに、当館の学芸員がティームティーチングに参加したり、主たる講師として授業を行ったりと、授業のねらいに合わせてサポートします。教室や遺跡など学習する場所を選びません。また、授業を行う前に、どのような事象を扱うことができるか題材選びのサポートも行います。

  詳細はこちら
 郷土資料館の常設展や企画展の見学を学習に生かします。当館の民俗資料館、民芸館、近代の産業とくらし発見館においても見学や体験も準備し、時代別、分野別の学習に対応しています。また、市内の遺跡や地域資料館の見学についてもサポートします。

3.教材貸し出しサポート   詳細はこちら
 社会科に限らず、他の教科・領域の単元に関わる遺物や民具に対応しています。国語の読み取りの効果をあげたり、合唱曲のイメージをふくらませたりする実物教材を貸し出します。
※文化財の保存管理の関係でお見せしたり、ふれたりすることができないものもあります。資料の扱いなどは、注意を要しますのでご相談ください。