展示資料は変更することがあります。事前にお問い合わせのうえご来館ください。
※特別展の期間中は、常設展示をご覧になることができませんのでご了承ください。

   
↑七州城大手門鯱
   1604年,武蔵国瓶尻(熊谷市)から三宅康貞が入封して衣藩が始まりましたが,1619年に伊勢国亀山へ移っています。三宅氏は1636年再び衣藩の藩主となりますが,1664年には三河国田原(渥美郡田原町)へ移り,衣藩は廃藩となりました。その後,1681年陸奥国石川(福島県石川町)より本多忠利が入封して衣藩ができました。本多家は1749年遠江国相良(静岡県榛原郡相良町)に所領替えとなり,代わって上野国安中(群馬県安中市)から内藤家が挙母に入りました。
  挙母の地名は,本多家時代に表記が「衣」から「挙母」へとあらためられています。

   
↑子守明神祭礼絵巻
   1749年上野国安中から挙母に入った内藤政苗は,新たに挙母城を築城することになり,はじめ現在の桜町に築城を始めますが(桜城),度重なる洪水で断念し,あらたに童子山(小坂本町)に城をつくりました(七州城)。城内には,藩校・崇化館がつくられ子弟の教育にも力が尽くされました。また挙母城下では山車を町ごとにつくり,毎年勇壮な祭りを行い,山車は城内にも曳き込まれ,歌舞伎が披露されたといわれています。内藤家は,明治維新まで約120年にわたり挙母を治めました。

先土器・縄文 弥生・古墳 奈良(文化) 奈良(寺院) 奈良(産業) 平 安
鎌 倉 室 町 江戸(直轄地) 江戸(渡辺家) 江戸(拳母藩) 明治〜昭和

 

お問合せは[email protected] まで
ホームページ掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。(著作権について
Copyright 2001 Toyota city museum of local history. All rights reserved.