綾渡の夜念仏と盆踊(あやどのよねんぶつとぼんおどり)

綾渡の夜念仏と盆踊
指定区分・指定年月日 国指定 1997年12月15日
所在地・所有者 綾渡夜念仏と盆踊り保存会
概 要 毎年、8月10日と15日の2回、平勝寺境内で実施。
時代・時期  

毎年盆中に行われる夜念仏の行事は、この種の念仏踊系統としては、古い型をそのまま残している。  
その発祥は明らかではないが、極楽の絵をつけた折子灯籠を先頭に、香炉をもつ香焚(こうたき)、2名の音頭取り、側(がわ)、最後に地獄の絵をつけた折子灯篭と、行列を組む。音頭取りと側はそれぞれ直径10pぐらいの鉦と、たたく撞木(しゅもく)を持ち、所々で念仏や回向を手向ける。単調ではあるが、きわめて壮重粛然としたものである。
夜念仏につづいて、仏を慰め人と共に喜ぶ盆踊りが集落をあげて展開される。



お問合せはinfo@toyota-rekihaku.com まで
ホームページ掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。
Copyright 2001 Toyota city museum of local history. All rights reserved.

閉じる