高月院文書(こうげついんもんじょ)

指定区分・指定年月日 市指定 1972年2月24日
所在地・所有者 高月院
概 要 7通 31冊
時代・時期 室町末期〜江戸

1 松平道閲の寄進状 4通
松平道閲(松平宗家5代長親)ゆかりの土地の安堵状、寄進状、売券等4通をつなげて1巻とした資料である。
・松平道閲安堵状 大永3年(1523)正月11日 ・松平道閲寄進状 大永7年(1527)正月吉日 ・松平信長売券  大永2年(1522)3月13日 ・松平信長売券  大永4年(1524)正月11日
2 板倉伊賀守勝重書状   1通
板倉勝重が高月院へ寺領として百石を施入した時の手紙である。年号の記載はないが慶長6(1601)年のものと推定されている。
3  紫衣(しえ)着用許可の綸旨(りんじ)  1通
元禄14(1701)年5月21日、東山天皇より賜った「紫衣着用の許可」の綸旨である。この時の住職は高月院第18世聖誉天及であった。
4 東海道人馬朱印状 元禄14(1701)年9月10日
5 恢誉上人御代日鑑 30冊
6 村々百姓騒立諸事日記 1冊 天保7(1836)年



お問合せは[email protected] まで
ホームページ掲載の文章・写真等の無断転載を禁じます。
Copyright 2001 Toyota city museum of local history. All rights reserved.

閉じる